サブリースのシステム|これでアナタも簡単オーナー

オレンジの家

忙しい家主さんの強い味方

建築物の置物

もう空き室の心配は無用

アパート・マンション経営者にとって最も重要な経営課題の1つが、空き室対策です。言うまでもないことですが、住戸が空き室である間は家賃収入がまったく得られません。そのため、経営サイドとしては入居者募集のための広告活動、物件の魅力を高めるための設備更新などさまざまな努力を続けなければなりません。ただ、賃貸経営を本業にしているならともかく、他に仕事を持っている人がサイドビジネスとして賃貸経営を行っているような場合には、手間ひまをかけて有効な空き室対策を継続していくのはなかなか大変です。そんな賃貸オーナーにとって、非常に便利なシステムがあります。それがサブリースです。サブリースは収益の安定化と日常業務の軽減を同時に実現するシステムとして、サラリーマンオーナーなどを中心に人気を呼んでいます。

入居者の募集もおまかせ

サブリースは簡単に言えば「又貸し」をビジネスとして確立したもので、企業における社員寮の借上げなどもこれに含まれます。基本的には、不動産会社がオーナーから物件を賃貸し、さらにそれを個々の入居者に転貸するというスタイルを取ります。つまりサブリースの場合、不動産会社は個々の入居者にとっての貸し手であると同時に、オーナーにとっての借り手でもあるわけです。オーナーとしては実際の入居状況に関係なく不動産会社から家賃の支払いを受けることになるため、事実上の「空き室ゼロ」状態を実現することができます。さらに個々の入退去には関与しなくなるため、募集広告や入居審査などもすべて不動産会社に一任することができるようになります。

不動産賃貸とは

マンション

賃貸経営で重要になるのが借入金の返済と利益のバランスです。借入金元本の返済は経費とならないため返済が多額であれば利益の割に手許に資金が残らないということになります。また、満室経営を行っていくことも意識しましょう。

収益物件の管理サービス

マンション

人間は不得意な仕事を担当しなければならない事もありますが、その際には代行サービスが役立ちます。特に最近人気を集めているのは、収益物件の賃貸管理の代行サービスです。賃貸管理の代行サービスを使用したユーザーは、自由時間が多くなるというメリットもあります。

保証人抜きで家を借りる

タブレット

家賃保証会社とは、賃貸住宅に入居する際に家主と入居者の間に入って債務保証を行うサービス事業者です。家主にとっては万一滞納があった場合も立替払いが受けられ、入居者にとっては連帯保証人を選定する手間が省けるというメリットがあります。