サブリースのシステム|これでアナタも簡単オーナー

笑顔の女性

保証人抜きで家を借りる

タブレット

適任者がいない時に利用

アパートやマンション等の賃貸住宅に入居する際は、契約時に連帯保証人を選定することが慣例となっています。これは、入居者が万が一家賃を滞納したりした場合の債権確保を担保するためのもので、一般的には入居者の肉親等がふさわしいとされています。ただ、近年においてこの連帯保証人の選定に困難が生じるケースが目立つようになってきています。従来であれば賃貸住宅に入居するのは若年層が多かったため、連帯保証人は実家の親に依頼するというのが通例でした。しかし最近では高齢になっても賃貸暮らしをする人が多いため、連帯保証人にふさわしい人物が身の回りにいないという事態があらわれるようになったのです。このような状況に対し、最近では家主と入居者の双方にとってメリットのある選択肢が生まれてきています。それが、保証会社の利用です。

家賃の収納代行も

保証会社とは、賃貸住宅への入居に際し家主に対して家賃等の債権に係る支払保証を行う事業者のことです。つまり簡単に言えば、連帯保証人の代行業者ということになります。それに加えて、家賃収納業務の代行業者という側面も持っています。というのも、多くの場合入居者は月々の支払いを保証会社に対して行い、保証会社はその中から手数料を差し引いて残りを家賃として家主に納入するシステムが採用されているからです。万が一入居者が滞納した場合は、保証会社が連帯保証義務によって家賃の立替払いを行うことになります。保証会社の利用は、滞納の心配がなくなる上に保証人の選定が不要になるという2点において非常に便利な存在です。ただしすべての入居者が無条件で利用できるわけではなく、保証会社の審査をパスしなければ契約できないという点には注意が必要です。