サブリースのシステム|これでアナタも簡単オーナー

笑顔の女性

不動産賃貸とは

マンション

注意しておきたい事

賃貸経営で重要視されるのが借入金の返済と利益のバランスです。企業や事業の経営において借入金はキャッシュフローの面で不具合が生じることになります。借入金を起こした際にはその借入資金は利益ではないため課税がされないことになります。これに対して借入金の元本を返済した際には当然お金は支出されますがその支出した資金は経費ではないことになります。当然利益から借入資金の返済資金をねん出することになりますのでその分だけ税金が課税されることになります。したがって借入金の返済が多額であればあるほど利益に対して手許に残っている資金は少ないということが起こります。これは賃貸経営に限らず他の事業であっても売掛金が多額になる場合でも起こり得る問題です。

工夫する点

賃貸経営を行う際には空室をなるべく防ぎましょう。賃貸経営にとって一番大事になる点としては満室経営を行っていくということです。空室であればその分だけ家賃収入が減ることになります。家賃収入が減るだけならまだしも借入の返済がある場合には手許資金がどんどん目減りすることになります。手許資金が目減りすると賃貸経営で満室経営を行うために必要な修繕費用を支出することができないということになります。修繕は賃貸経営で非常に大切なものです。たとえばクロスだけをとってもやはり前の入居者が使っていたものをそのまま利用するよりも張替をすることでより部屋が整って見えることになります。いわゆる負の連鎖を防ぐためにも満室経営を行うことが大切となります。